生活保護申請代行業者から適切なアドバイスを受けて手続きを始めよう

サイトマップ

芝生にいる家族

生活保護申請代行サービスの基礎知識

生活保護のイメージ

リストラなどで失業した場合には、収入が途絶えて生活に困ることがよくあります。親族に援助してもらう人もいますが、国民の権利として生活保護を受ける方法もあります。また行政書士に生活保護申請代行を依頼すると、書類の書き方などがわからなくてもスムーズに手続きを進めることができます。まず最初に家族構成や資産状況を明記してメールで相談すると、一人一人の状況に合わせて最適な生活保護申請代行のプランを示してもらえます。またメール相談と書類作成だけであれば、生活保護申請代行の費用を最小限に抑えられます。
一方で生活保護を受けたいと考える人の多くが、制度の基本について知らないのが実情です。情報サイトで制度について調べてから生活保護申請代行を依頼すると、書類の準備や記入などの作業も円滑に進められます。また自宅を保有している場合でも申請が可能であり、身体に障害がある場合には自家用車の所有が認められることもあります。
したがって申請のハードルは意外と低く、正しい知識と書類の準備によって生活保護が受けられる可能性も高まります。行政書士に書類提出時の立会いを依頼することも可能ですが、その場合には料金が5万円以上になることも多いです。

生活保護の申請は難しい?生活保護申請代行を使えば安心

現在の厳しい状況を受けて、生活に不安を抱える方が増えています。非正規雇用だけではなく正社員の方が職を失うケースも増えてきました。生活保護を利用したいと考える方も、いらっしゃるのではないでしょうか?生活保護は無収入の方だけを対象にしたものではありません。収入が大幅に減少した方は、各自治体が設定している最低生活費から自分の収入を差し引き、その差額分が生活保護費として支給されます。
憲法25条には「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」と書かれています。この権利を保障するためにあるのが、生活保護制度なのです。とはいえ、ニュースなどでも報道されるように、窓口での「水際作戦」と呼ばれるものが存在します。これは窓口担当者が色々と理由をつけて、申請を諦めさせようとするものです。生活保護は国民の権利ですので、本来なら問題があります。しかし残念ながら、こういった対応が横行しているのも事実です。もし一人での申請が難しいと感じたら、生活保護申請代行を依頼することを、お勧めします。生活保護申請代行は行政書士、弁護士が行うことが出来ます。生活保護を検討している方、または申請したけれど受理されなかったという方、生活保護申請代行の相談をしてみてはいかがでしょうか。

専門機関に相談すれば生活保護申請代行をしてくれます

様々な理由によって生活困難に陥った場合には、生活保護の制度を利用できます。本来は自身で、申請先である市区町村の福祉事務所に出向いて申請します。しかし、専門機関に生活保護申請代行を依頼することで、手続きがスムーズに進むことがあります。
実際に自分で福祉事務所に相談に行っても、その他の方法を助言されて申請に至らないことも多いです。まだ働ける年齢だからとか、親族に支援してもらうようにアドバイスされます。結局、生活保護受給を諦めてしまって、何の問題解決にも至らないことになります。しかし、国は国民の最低限度の生活を保障する義務があり、生活保護の申請を断ることはできません。福祉事務所のアドバイスが間違っているわけではありませんが、各個人には見えない事情があります。
そこで頼りになるのが、生活保護申請代行の制度です。生活保護制度に精通した者が同行するので、申請が通りやすくなります。生活保護申請代行を行っている機関としては、NPO法人や行政書士など法律の専門家です。本人に同行して福祉事務所とやり取りをしてくれ、申請が通りやすくなるだけでなく安心感を持つことができます。生活保護は国民として、正当に受けることができる権利です。どうしても生活が成り立たなくなったら、専門機関に相談することをおすすめします。

TOP